フィリピン駐在員はどれぐらい給料が頂ける?

待遇面申し分なし

 

駐在員の待遇は比較的給与面でも良い傾向にあります。日本の給与水準がそのまま外国でも維持されるためで、手取りで20万円から40万円くらいまでの幅があります。

 

もちろん、本人のスキルや経験、役職によって大きく違いが出ますが、基本的には安定した収入を得られるのが特徴です。

 

フィリピンは物価が安いので、かなり余裕のある生活を送れるでしょう。

 

賞与も年2回の日本ベース

ボーナスは、各企業で異なる基準を持っていますが、基本はやはり年に二回の業績に応じたボーナスが支給されることになります。

 

基本給が始めから決まっているとしても、ボーナスに関しては契約の段階で交渉できることも多いので、良い条件で支給されるように交渉するのも手です。

 

特に業績に応じたボーナスが出る契約では、シミュレーションを実際にしてみることで概算を見積もることが肝心です。

 

契約前に手当の確認もされたい

駐在員の場合は、手当が充実しているケースが多いので、生活しやすくゆとりを持って過ごせます。

 

特に住居手当が出たり、会社で借り上げているマンションの一室などを格安で使えたりします。

 

マニラなどの都市中心部は、生活費の大部分を家賃が占めることもありますので、こうした手当が出るととても助かります。

 

また、日本との行き来をするための交通費や、子どもの養育費、医療保険の加入など、福利厚生もしっかりとしている企業もあり、安心して仕事を続けていけます。

 

セレブな暮らしもできちゃうフィリピン駐在員

都市部においてはかなりいろいろな施設や物資が揃っていますので、生活に取り立てて不便を感じることはないでしょう。

 

都市部を離れても、生活に必要なものは大抵手に入りますし、美しい自然がすぐ近くにあるなど、休みの時間をのんびりと過ごせる環境があります。

 

全体的にゆったりと時間が流れていますので、毎日を楽しく過ごせるのがメリットです。日本人も多く住んでいますので、仲間で集まってワイワイする時間も楽しいものとなるでしょう。