駐在員として勤務するにはタガログ語が必要となるか?

語学は必要、だけどフィリピノ語(タガログ語)はどうか

駐在員としてフィリピンで働くのであれば、ある程度の語学力が求められます。

 

まず第一には英語力が求められることは間違いないと言っても良いでしょう。

 

フィリピンでは英語も使われますが、タガログ語をメインとして使いますので、もしタガログ語が出来るのであればさらに優遇されることかと思います。

 

そのため、ビジネスレベルの英語力が求められることは企業や職種、ポジションによってはあるかも知れませんが、必ずしもタガログ語が必要であるということではないケースが多いのです。

 

駐在員として、日本の本社とのやり取りがメインになったり、現地にある日本企業の日本人とのやり取りが必要であったりすることも多いですし、現地の方々とやり取りをする場合にはタガログ語が堪能な日本人、もしくは日本語が堪能なフィリピン人が通訳としてついてくれることも多くなります。

 

そのため、駐在員の方本人がタガログ語が出来なかったとしても、業務に関しては問題なく遂行していくことが可能になっているのです。

 

フィリピンにはいろいろな日本企業が進出していますし、これから先も新たに進出を考えている企業も控えていますから、すべての企業において語学レベルについての条件が同じというわけではないことは頭に入れておいてください。

 

同じくらいのスキル・経験を持つ方が同時に応募をしてきて、タガログ語が堪能であれば、その方が優遇されるということは言えるでしょう。