意外?フィリピンは殆どがキリスト教、その歴史と現在について

ASEANで唯一のキリスト教国

外務省が公表しているデータによると、フィリピンでは国民の83%がカトリック、その他の宗派も含めると実に9割以上がキリスト教を信仰しています。

 

ASEAN諸国では唯一のキリスト教国となっています。

 

フィリピンは多くの島々で成り立つ海洋国家であり、それぞれの島で独自の文化が育まれていました。

 

宗教についても、その例に漏れず、ある島では仏教、ある島ではイスラム教と多種多様な信仰が根付いていたところです。

 

これが変わる転機となったのが、スペインによる植民地化です。1521年にマゼランがフィリピンに到達、そしてミゲル・ロペス・デ・レガスピが1565年に植民基地を設立し、スペインの統治下に入ることになりました。

 

スペインはフィリピン人に対してキリスト教への改宗を迫り、いくつかの反発はありましたが時代とともに住民の中に浸透していきました。この後、1800年代前半に宗主国がアメリカへと変わりましたが、信仰に変化は生じることなく、1946年に独立国として主権を取り戻した後も続いていきました。

 

現在もフィリピンの町の至るところにキリスト教の教会があります。

 

信仰心も厚く、定期的にミサに参加する国民も多いところです。

 

公用語として英語が広く使われていることもあり、文化的な親近感があるのか、マニラやセブ島といった観光地では欧米人の姿も多く見かけます。

 

日本人にとっても身近な語学留学先として人気になっています。ASEAN諸国で唯一のキリスト教国として、フィリピンは独自の立ち位置を築いています。